未分類

自分の得意なモノサシで見てもらう。

更新日:

恋愛で重要なのは「自分のモノサシ」で自分を見てもらうことです。これが今回言いたい結論です。

女性の好みのタイプ

女性にどんな男性がいいか?を聞くと、大抵の女性が「清潔感のある人」と答えます。

もちろん清潔感のあるだけではダメだと思いますが、これは女性が男性に求める像としての「必要条件」です。

これって努力次第でどうにでもなるんですよね。

だから恋愛上手くいかせたいのならば、清潔感を意識するのもはや当たり前です。

でも実際に女性が清潔感以外に重要視しているものがあります。それは、「自分のモノサシを持っているかどうか」なのです。

自分のモノサシを持つことは人生においても恋愛においても重要。

自分のモノサシというのは、自分がやるべきことをやっていると同義だと僕は思っています。かなり抽象的ではありますが。

例えば僕の場合であれば、部活をやっている医学部生ということで、やるべきことはしっかり勉強してしっかり部活をやり切ることです。

これに加えて、それらをやるための全力の息抜きです。

つまり、今現在の環境ですべきことをしっかりこなしていることが、自分のモノサシを持つことに繋がるのです。

やるべき事をやることのコスパは最強。

例えば医学部生の男が合コンに行くとしよう。お相手は某女子大生。

女子大生達は、相手の男達の医学部という肩書きだけでは満足しない。そこにトーク力とイケてる顔を要求される。それが合コンの条件。めちゃくちゃ厳しいし、普段一所懸命勉強しているだけのやつからすれば、ただ彼女が欲しいと思って行った合コンで地獄を見てしまう。

僕が言いたいことは、自分を違うモノサシで見られることを避けようということだ。自分が得意なモノサシで相手に見てもらうことで相手からの評価は間違いなく上がる。

自分がバスケが得意なら、合コンに行くよりも、他大のサークルやクラブチームと練習試合を組む努力をした方がコスパが圧倒的にいい。

料理が好きなら、料理を学ぶために料理アカウントのInstagramを作ったり、料理教室に行くなりする。自分を高める目的でそういう環境に飛び込み、そこでのモノサシによる出会いの方が、より自然でより自分の良さを見てくれるわけだ。

だからまずは恋愛がしたいというよりもわ自分が何をしたいのか、何をすべきかを考えて行動に移す。そして、今回のようなことを頭に入れておくと、二次的に優位な恋愛が展開できる。

-未分類

Copyright© 俺さ医者さなるだ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.