未分類

【予防】インフルエンザ対策にマスクは無意味か?

更新日:

インフルエンザが蔓延していることもあって、外出しても多くの人がマスクをしていたりしています。受験生なんて、インフルエンザにかかったら大変ですので、予備校に行くとみんなマスクをしていますね。

しかし実は、インフルエンザの感染にはマスクは「完全に」予防できるわけではないのをご存知ですか?

インフルエンザの大きさ

インフルエンザというのはウイルスの仲間で、ウイルスっていうのは細菌と比較してが小さいことで有名です。

インフルエンザウイルスの大きさはだいたい0.1μm(マイクロメートル)と言われています。人間が見える限界はだいたい0.2mm(200μm)で、インフルエンザは全く見ることができません。そんなインフルエンザが唾などの水分がくっついてだいたい5μm(マイクロメートル)の大きさになって、咳やくしゃみによって飛んでいきます。

マスク対策は有効か

インフルエンザに感染したくない場合、予防としてマスクをすることが推奨されています。しかし果たしてどれくらい予防できるのかを知っている人は少ないと思います。

結論から言うと、マスクをしただけでは感染は防げないようです。これは、様々な研究結果で出された結論で私がそう思うからといったことではありません。

理由として、マスクの目に比べてはるかにインフルエンザの大きさが小さいということが挙げられます。マスクを着用することで、汚染された手で鼻や口を触る機会が減ったり、喉の粘膜の乾燥が抑えられるメリットもありますが、やはりマスクの単独利用だけでは効果が薄いようです。

じゃあ何をすれば防げるのか

インフルエンザの感染予防のためには、マスク着用と手指衛生(手洗い)の複合的感染予防が有効のようです。マスクをしながら手指衛生をした人の感染が防げたという報告があります。また、マスクの着用有無を問わず、手指衛生を行なった人の方が感染を防げたという報告もあります。

研究結果を見る限りでは、手指衛生が一番大事で、マスク着用は人混みや電車の際にはできるだけすればいいといった感じでしょうか。

感染は完全には防げない

私も子供持ちの家族事情には詳しいですが、子供が感染してしまった場合、結構な確率で親も感染してダウンしてしまうパターンが多いようですね。そんな状況でも親は休めない状況が続いて大変だと思います。

子供が感染してしまったら、近くにいてあげるのは親の当然の責務だと思います。これは私の考えになりますが、子供の看病をしている間は、マスクを着用しこまめに手指衛生を行うことが感染予防につながるように思います。

詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になりますので、是非読んで見て下さい。

http://www.yoshida-pharm.com/2018/letter128/

-未分類

Copyright© 俺さ医者さなるだ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.