未分類

【アメリカ皮膚科学会】本当に効くスキンケアは「保湿剤と日焼け止め」だけ

更新日:

本当に効くスキンケアは極少数

スキンケアとして色々な考えがあると思いますが、アメリカ皮膚科学会が推しているのは「保湿剤と日焼け止め」のみです。

アメリカ皮膚科学会は世界で一番大きな皮膚に関する学会で、一般向けのレターも出しています。

https://www.aad.org/public/skin-hair-nails/anti-aging-skin-care/selecting-anti-aging-products

このレターに書いていることをまとめてみました。スキンケアで悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

①本当に大事なのは日焼け止めと保湿剤である

もう一度言いますが、皮膚科医が認める有効なアンチエイジング商品は、「日焼け止めと保湿剤」です。

この2つを毎日使うだけでも大きな違いが出ます。多くのアンチエイジング商品が効くのは、保湿剤が入っているおかげです。

肌トラブルを解決したいなら、まずは保湿剤と日焼け止めを2〜3週間使ってみましょう。

②日焼け止めを選ぶポイント

日焼け止めは広域スペクトラムでSPF30以上、防水仕様のものを選びましょう。

外出時は、日焼け止めは2時間おきに塗りましょう。

③肌トラブルには1つずつ対処する

すべての問題を解決する商品は存在しないので、肌のトラブルには1つずつ対処していきましょう。

例えば、美白だったらハイドロキノンやシワとかだったらレチノール機能とか、一個一個対応するものが違いますよね。

これだけあれば大丈夫ということはないんです。だから一個一個対処していった方がいい。

シワも消したいし、シミも消したいしってなるとどれがどれで効いているかわからなくなるからです。

シワや美白、肌荒れなど、それぞれの問題に対応したスキンケアグッズを選び、それだけを2〜3週間試してみるのが基本的にいいです。

④自分の肌タイプにあったものを選ぶ

よくオイルを付けたりすると肌に合わないっていう人がいます。

もちろんオイルは天然の物質なんで合わないことはあります。

その場合はオイルの種類を変えるとかワセリンに変えるとかして自分に合ったものを選びましょう。

⑤値段が高いから効果が大きいわけじゃない

値段が高い商品ほど効果が大きいと思ってしまうのが人間の心理ですが、実際はどの価格帯にも効果的な商品は存在しています。

ほとんどの高級化粧品は効果がないというわけではなくてかけているお金の場所が異なるだけです。

パッケージを豪華にしたり、CMのために有名女優さんを起用するなど、様々なところにお金をかけているからブランド力がつくんです。

まとめ

以上のことをまとめると、

「肌トラブルを解決したければ、保湿剤と日焼け止めを1ヶ月前後使ってあげて様子を見ましょう」ということです。

スキンケアってのは手間もお金もあまりかけないことが重要とも言えるでしょう。

値段や手間と効果は比例しないということです。

最も安価で効果的なスキンケア商品

以上の話踏まえた上で、安価だけどしっかり効果があるよーっていう商品をご紹介します。

保湿剤として有用なもの

保湿剤として有用なものは、ココナッツオイルなどの天然オイルやワセリン、そしてニベアクリームです。

いずれも安価ではありますが、効果のある保湿剤です。

もし、水に当たるとか運動して汗を掻く環境にいる場合は、ココナッツオイルは簡単に溶けて流れやすいので、そういう場合はワセリンを使うなど、用途を使い分けましょう。

 

僕はニベアクリームを使っています。肌の調子が良くなりましたよ。

※ココナッツオイルは体に合わない、むしろ皮脂が詰まって炎症が起こるという人が多いようです。自分に合う保湿剤を試してみてください。

日焼け止めとして有用なもの

日焼け止めは、広域スペクトラムでSPF30以上、防水仕様のものを選びましょう。

男性の方にもスキンケアはオススメ

男性の方で、スキンケアはめんどくさいと思う人もいますが、スキンケアをするのとしないとでは、長期的に見て肌年齢がだいぶ変わってきますので、ココナッツオイルだけでもささーっと洗顔の後に塗っておいた方がいいですよ。

-未分類

Copyright© 俺さ医者さなるだ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.