未分類

【ゴロで覚える】リウマチ熱のJonesの5大症状

更新日:

リウマチ熱は、A群レンサ球菌感染症の合併症として発生する急性の非化膿性炎症であり、関節炎、心炎、皮下結節、輪状紅斑、舞踏運動などを引き起こす疾患名である。

リウマチ熱はJonesの改訂診断基準によって診断する。

主症状: 移動性多発性関節炎、心炎、輪状紅斑、皮下結節、小舞踏病
副症状: 関節痛、発熱、急性反応物質(赤沈値,CRP値)、心電図PR時間延長、先行するA群レンサ球菌感染の証明 (1悶頭培養、迅速反応、A群レンサ球菌関連抗体)

リウマチ熱のJonesの5大症状のゴロ

Jonesは 林で 大きな タに ひっかけ られた

Jonesは:Jones基準
森: 心炎
林で : 輪状紅斑,
大きな : 四肢の大関節からはじまる
ブ : 舞踏病
タに: 多発性関節炎
ひっかけ : 皮下結節

-未分類

Copyright© 俺さ医者さなるだ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.