プンタキンテの脱貧困ブログ

俺さ医者さなるだ!

コスパ最高の投資・節約

趣味ですらお金に変える?!ミニマリストではなくオプティマイザーを目指そう!

更新日:

こんな方におすすめ

  • ミニマリストに興味がある人。
  • ミニマリストに興味があるけど、お金も稼ぎたい人。
  • コスパという言葉が大好きな人。

 

ミニマリストの定義と本質。

ミニマリストとは、「最低限度の物だけを持って生活するライフスタイルの人」のことを言います。

言い換えると、ミニマリストは、「必要最低限度の物以外を全て捨てて、最小限にすること」です。

そして、ミニマリストの本質は「選択と集中」です。必要最小限にモノや出来事を選択して、自分のやりたいことに対して集中する、それがミニマリストです。

ミニマリストについては、下の記事に詳しく書いたので興味があれば読んでみて下さい。

あわせて読む
ミニマリストの本質は「捨てる」ことではなく「選択と集中」にあった!

こんな方におすすめ 貯金・節約したい人。 ミニマリストに興味がある人。 著しい結果を出したい人。 ミニマリストとは、最低 ...

続きを見る

オプティマイザーとは

ミニマリストという言葉は聞き慣れているかもしれませんが、それに近い言葉に「オプティマイザー」という言葉があります。

optimize(オプティマイズ)とは、「最適化」という意味です。

つまり、オプティマイザーとは、自分のやっていることやモノのサイズを最適化し、「利益の最大化」を目指す人のことを言います。

必要最小限のミニマリストと、利益の最大化のオプティマイザーって全然概念が違うよね?

確かにミニマリストとオプティマイザーは全く逆の考えだと思われるかもしれません。

僕自身もはじめのうちはそう考えていました。

しかし、しっかり考えてみるとオプティマイザーもミニマリストも本質的に同じ考えなのです。

ミニマリストもオプティマイザーも本質は同じ?

ミニマリストは勘違いされがちですが、ただ単純にモノを減らすことを目的としている人達ではありません。

必要最小限のモノに絞ることで、生活をより良くすることを目的としています。

「生活をより良くする」のがミニマリスト、「利益の最大化」をもくするのがオプティマイザー、、、。なんか結局一緒じゃない?

そうなんです。オプティマイザーの考えは「利益の最大化」でしたね。

そういう意味では結局、ミニマリストの目的である「生活をより良くする」ことと何ら変わりはありません。

でも、ミニマリズムって最小化って意味で、オプティマイズは最適化って意味でしょ?やっぱり両者は違う概念なんじゃないの?

そうなんです。やはり両者は違う概念であることは確かです。

今回の記事では、両者の違いと、「オプティマイザーのススメ」といった方向性で解説していきたいと思います。

オプティマイザーの具体例:①インスタグラマーの自称ミニマリスト

ミニマリストとオプティマイザーの違いについて説明する前に、まずはオプティマイザーの具体的イメージを持ってもらいましょう。

利益の最大化(最適化)を目指す人って言われてもパッとイメージできないしね。

そうですね。

まず、イメージしていただきたいのは、Instagramで節約を謳って色々な投稿をしている「節約ママ」とか、後は「お掃除キレイママ」とかですね。

Instagramをやっている人ならば、オススメに出てきたり、気になって検索したりする人は多いと思います。

そういうアカウントはフォロワー数もかなりあって、非常に役に立つ情報が多いです。

例えば、「節約ママ」や「お掃除キレイママ」はミニマリストと言っていいでしょうね。

しかし、彼らは一見ミニマリストに見えますが、実情は全く別で、彼らはオプティマイザーと定義できます。

彼らは、「節約」や「掃除」をネタにすることで、広告掲載や取材取材の依頼等が来たりすることや、アフィリエイトやネットサイトの紹介ポイントなどで副収入を得ている可能性が高いです。高いというか、ほぼ確実に収入を得ているでしょうね。

実際に、フォロワー15万人のインスタグラマーの知人がいますが、毎日のようにそのような依頼が来るそうです。

「節約」や「掃除」をネタにすることで収入を増やす

例えば、スーパの買い物で、細かいお金の節約をするために一生懸命1円でも安く食材を買えるようなスーパーを探して節約しようとしますよね。

それで節約できるのはたかだか数百円で、頑張ったって月換算すると、1,000円や2,000円くらいの差ですよね。

これって、結構手間がかかるし、労力に対して費用対効果がそこまで高くない。

そのことに関してはこの記事に詳しく書いています。

あわせて読む
無駄遣いをなくして貯金する方法【メンタリストDaiGo】

節約は心がけているけど、なぜお金が貯まらないんだろう? お金が貯まらない理由は、何が無駄なのか、何に使っているのかわかっ ...

続きを見る

しかし、Instagramでそういう投稿をして人気になったとしましょう。

そうすると、「節約」をを謳うインスタグラマーはそれを投稿することでフォロワーが増えます。フォロワーが増えることで、取材依頼や広告費ももらえる可能性が高くなります。

費用対効果が全然変わってくるわけです。

つまり、節約や掃除といったミニマリスト的な考えを流布することで、収入を得る。コスパを考えた、利益の最大化を考えた良い戦略なのです。

これがオプティマイザーの一例です。

オプティマイザーの具体例:②投資系オプティマイザー

例えば月7万円が生活費で、貯金とかも合わせて15万円あれば大丈夫というAさんがいるとします。

また、生活費100万円かかるが、月1000万円稼ぐというBさんがいるとします。どっちの方になりたいと思いますか?

オプティマイザーだと、Bさんを選びます。

例え大金を投資しても、お金がきちんと返ってくる見通しがあるのであれば、迷わず投資します。

より大きな成果(お金が増えたり、将来的に時間が浮く)が出ることに労力を使うことを躊躇しません。

収入を減らして、生活費も減らして、というような成果を最大化できないことに対して「無駄」だと考えるのがオプティマイザーです。

生活費が100万円かかったところで、それを切り詰めることで月に1000万円稼げなくなるんだったら、それは意味ないよ、ということです。

オプティマイザーとミニマリストの違いは何か?

何となくオプティマイザーのイメージはわかった!

オプティマイザーの具体例を提示したので、次にオプティマイザーとミニマリストの違いについて説明していきます。

ミニマリストはビジネスの本質にそぐわない

ミニマリストでたくさん稼ぐのは限界があります。

それは、ビジネスの本質がミニマリズムではないからです。

ミニマリストは自分に必要なものを絞って本質的なものに集中しようとしますが、そのスタンスでビジネスをやろうとすると、ミニマリストの逆をやらないといけなくなるからです。

「ミニマリストの逆をやらないといけない」ってどういうこと?

具体例を出しましょう。例えば、必要最小限のもので生きるミニマリストを謳っている人がいるとします。

その人も収入がなければ生きてはいけないため、自分のキャラを活かして、例えばウタマロクリーナー という商品を紹介して、その紹介料(アフィリエイト)で稼ごうとしたとしましょう。

その場合、ウタマロクリーナーを元々使っていなかった人達からしたらウタマロクリーナー は本当は必要がない、今はいらないものかもしれません。

しかし、そのミニマリストがその商品を、「どうですか?他のクリーニング洗剤なんて不要で、これ1本さえあれば掃除が捗ります!」と宣伝します。

いらないと思ってた商品をいると思わせて買わせるってこと?

そうです。ミニマリストと言えども、結局ビジネスをやるにあたっては必要最小限のものを揃えさせるためにも、結局商品の購買意欲を掻き立てて、本来いらないものだったかもしれないものを増やすような行為を促さなければならないんです。

これってミニマリストとは真逆の行為ですよね。

ミニマリストの人って、自分にとって新しい考えであるミニマリズムの考えに則って試行錯誤していくのが楽しいと思うんです。その楽しみがないとおそらく続かないことですし。

だから、稼ぐことに重点を置いてないミニマリストもいると思います。

しかし、完全なミニマリストになってしまったら、おそらく目指すべき到達点に困ってしまうんじゃないかご思います。いわば天井が見えてしまうような感覚に。そうなったら、刺激がなくなって、何のためにミニマリストを目指していたかわからなくなると思うんですね。

その点、オプティマイザーは天井を乗り越えて最適解を見つけることが目的なので、そちらの方が人間の本質にも資本主義にも適っていると思います。

オプティマイザーは自分の趣味ですら利用する

では、実際にオプティマイズをどうやってやるか。

オプティマイザーは自分の趣味ですら稼ごうとします

最適化して条件を見つけて、自分の好きなことだけで生きていく方法を模索します。そのためにはモノを増やすことも構わないし減らすこともいとわないです。

全てを利用して最適化していくというのがオプティマイザーの考え方です。

オプティマイザーは小さな改善を繰り返す

全ての人に言えるかはわかりませんが、何かを追い求めている時って楽しいですよね。

つまり、ちょっとずつ改善して、一番自分が幸せでいれるポイントを探していく、その条件をずっと探し続けるのがオプティマイザーの考え方です

もう自分はこれで十分生きていけるって自分の可能性をそこで決めてしまって、可能性までミニマルにしたら意味がないと思いませんか?

常に挑戦して上を目指していく、つまり、「小さな改善を重ねていく」ことがすごく重要だと思うんです。

オプティマイザーの考えとして最も重要な事は「時間は貯金できない」こと

そして、ここがミニマリストと最も異なる考えです。

時間というリソースは貯金不可能で、さらに何に使うか、その最適化ということを考えておかないと、いずれにせよ無駄になってしまうということです。

『時間は貯金できないから、時間や労力をなくして、モノを捨てて減らした。減らして時間が余った。1日2時間余分な時間が増えた。』

これ自体は素晴らしいですが、ミニマリストはここで思考停止をしてしまうのではないでしょうか。この2時間を使って何を手に入れるかということを考えないと、空いたところで意味ないよねっというのがオプティマイザーの考え方です。

自分はモノを減らして、2時間の時間を作ったが、その2時間で特に自分にとってプラスにならない動画を見たりとか、アニメを見たりとか、何となくスマホのゲームをやったりとかなっちゃったら意味がないです。

労力や無駄を減らしたところで使わないと意味がないです。僕もこの考えにすごく共感しています(無駄な時間を消費するのめちゃめちゃ得意なんで)。

時間は目に見えない

それと大事なのが、時間は目に見えないということです。

時間は見えないから、いっぱい働くとそれがいいことなのかどうなのか、成果になるのかならないのかも全くわからない状態で、それがどれくらい自分の未来や稼ぎに貢献しているかわからない状態で、なんとなくの満足感になってしまいます。

時間はしっかり管理しないとわからないのです。ミニマリストは時間の節約はしないでしょう。

オプティマイザーはテストを繰り返す

うだうだ書いていきましたが、結局、オプティマイザーも捨てまくります。ミニマリストとは少し異なりますが、オプティマイザーが捨てるものは仕事やタスク、人間関係です。モノは暇な時に捨てればいいんじゃないのという感覚です。それか「節約や物の整理」がビジネスチャンスになるならどんどんと捨てていきます。

そして、そのことをオプティマイザーはテストします。テストを行って、結果に影響しないものを減らしていくわけです。結果に大差が出ないと判断した手間や人間関係はどんどんと捨てていくわけです。

逆に減らしていって強烈に稼ぎが落ちたとか、可能性が落ちたとわかったらすぐそれを戻します。戻してみて、じゃあこれが大事ということがわかったからそれに集中投資する。ここがミニマリストとは異なります。

オプティマイザーは結果を重視する

オプティマイザーは他人の意見を気にしません。他人の意見よりも結果を重視します。

例えば、芸能人だと、問題が発覚したり不適切なことをするとすぐに謝るのは、芸能人は評判リスクがあるので企業からのCMが来なくなったりするから謝るわけです。自分は間違っていない!と思ったところで関係ないわけです。謝ることで、信頼を回復できるのであれば、すぐさま謝るわけです。

こういうことを考えると自分にとって必要なものが見えてきて、人の意見も気にしなくなります。

オプティマイザーはリスクを惜しまない

成功したいんだったら、ミニマリストよりもオプティマイザーになるべきだと思います。僕自身、まだ成功しているわけでは決してないですが、オプティマイザーの精神に倣って努力して行こうと思っています。

何回も言いますが、大切なのは減らすことじゃなくて、減らした分のリソースを使って何を増やすか、です。手間を最小化して、利益を最大化するのを同時にやるのがオプティマイザーの考え方です。

オプティマイザーは趣味すらお金にする

趣味は極めたらお金になります。これは冒頭で紹介している節約インスタグラマーのことです。

誰かに提供せず、自分が楽しむことだけを前提とした自己投資はただの趣味です。

例えば、本を読む。その時に、内容をわかりやすく噛み砕いて誰かに伝えることを意識して読むことはただの趣味じゃないです。

趣味は趣味としてやるのも構いませんが、この考えに賛同できるのならば、最大化を目指してアウトプットしていきましょう。

-コスパ最高の投資・節約

Copyright© 俺さ医者さなるだ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.