未分類

1日1,000円財布に追加システム!簡単にお金が残るようになる方法をこれから試してみる!

更新日:

貯金、節約と言えばあかり貯金生活さん!

僕は今回この人を倣って、1日1,000円財布に追加システムを実践していこうと思います。

https://akari-chokin.com/2000en/

1日1,000円財布に追加システムとは?

読んで字のごとく、1日1,000円ずつ毎日財布に追加していくシステムの事です。

この方法は、あかり貯金生活さんが提唱している有効的な節約手法です。

あかりさんは主婦ですので、1日2,000円財布に追加システムを推奨されていますが、僕は学生なので1日1,000円財布に追加システムにさせて頂きます。

どうやってやってくの?

1日1,000円を財布に毎日朝に入れて、その中で全部やりくりをしていきます。

例えば、1日目にお金を全く使わなければ、2日目には2,000円でやりくりできるということです。

このシステムの良い点

ないものはない!財布の中の範囲内でやりくりしなければならないわけです。

つまり、このシステムの最も良い点は「財布の中のお金でやりくりをする」事に慣れる事が出来ることです。

例えば、マクドナルドのビッグマックセットがどうしても食べたくなったけれども、財布の中にな500円しかないという状況になったとします。そうなったら、ビッグマックは諦めますよね。ないものはないんです!

そんな感じで、自分の財布の残金をしっかり把握した上でその範疇で買い物に行くしかなくなります。

これ、逆に考えると、もし財布の中身を全額使ってしまっても、次の日また1,000円お金が入ってきます。今入っている財布の中身はその日に全部使っていいんです。金銭管理のハードルが随分と楽になることがわかります。

別会計にするリストを作成

この1日1,000円財布に追加システムを明日から実践しようと思いますが、

僕の場合だと、これは別会計にすると決めたものをあげておきます。

・家賃

・光熱費、水道代

・ネット通信費

・携帯代

・フィットネス代

・大学の必要諸経費

これ、ほとんどが固定費です。だからクレジット決済でやっているので、それ以外のものをこのシステムを使ってやっていこうと思います。

僕がこの節約手法を実践しようと思った理由

僕がこの節約手法をやろうと思ったきっかけは、出費に対する危機感です。

特に外食費が結構痛いって感じていまして。でも、医学部に所属するとわかるんですが、飯会とかになったら後輩におごるのが普通の文化なんです。

たまに、僕以外みんな後輩っていうパターンもあったりして、というか最近そのパターンが多くて、かなり出費がでかくなったりしています。

これを止める手立ては、飯会を断ることなんですが、なんか断る理由が、「出費がかさむから」という理由は少々ネガティブで気が引けるなーと感じていました。

そこで、このあかりさんのブログを読んで、1日1,000円財布に追加システムを導入すれば、しっかり頭働かせながら節約できそうだし、ポジティブに飯会も断れるなーと思いました。

飯会を全て断るんじゃなくて、自分の財布の中身に余裕が出れば行けばいいんです。ただし、財布の中にお金がなければ、おごることは不可能です。ないものはないんです!っていうのはかなりポジティブな理由だと思います。もちろん、金がないから飯会は行かないなんて言いませんけどね。

まぁとにかくやってみないとわからないことなので、しっかり実践してみて、何が良かったのか何が悪かったのかをまたブログで書こうと思います!

-未分類

Copyright© 俺さ医者さなるだ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.