勉強したこと

【109D43】環軸椎亜脱臼の画像所見

投稿日:

今回の記事は、109回の国試の問題での画像所見について。

109D43

9歳の女児。歩行時の下肢痛を主訴に母親に連れられて来院した。1か月前から歩行時に両大腿から股関節部に疼痛があるため受診した。Down症候群がある。股関節の変形障害に対し手術予定となった。術前検査として撮影した頸椎エックス線写真(A、B、C)を別に示す。

所見として正しいのはどれか。

a 頸椎椎間板ヘルニア

b 環軸関節亜脱臼

c 後縦靱帯骨化症

d 黄色靱帯骨化症

e 頸椎症

解答

問題自体は、ダウン症候群の合併症を選ぶ問題で、正解はb 環軸関節亜脱臼である。

私が困ったのは、この画像所見の見方である。

解説には、「中間位と後屈位に、環椎前弓と軸椎歯突起の間隙(atlanto-dental interval:ADI)の開大が見られるため、環軸椎関節亜脱臼である。」と書かれてあるが、どこが環椎前弓で、どこが軸椎歯突起なのかわからなかったので調べた。

環椎前弓と軸椎歯突起

この3枚の写真を比較すれば、おおかた理解できるだろう。

-勉強したこと

Copyright© 俺さ医者さなるだ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。